第7回津南町ウルトラマラソンで優勝 南魚沼市新堀 今井清隆さん

第7回津南町ウルトラマラソン100㌔で優勝した今井清隆さん(=10月4日、ニューグリーンピア津南)

新型コロナウイルスの影響で多くの大会は中止となっている9月27日、湯沢町で「第41回南魚沼陸上競技選手権」。10月4日、津南町で「第7回津南町ウルトラマラソン」が開催された。
南魚沼市新堀の介護士、今井清隆さん(37)は、約8カ月ぶりに招待選手として「南魚沼陸上競技選手権」に出場し、「津南町ウルトラマラソン」100㌔では総合優勝を果たした=写真=。
今井さんは、全国のマラソンやウルトラマラソンで優勝、入賞しており、4月からは、リース展開や日頃の練習の様子などをレポートし、全国のランニング愛好家らに発信する「R×Lウルトラマラソン特派員」としても活動している。コロナ禍の今年は、感染対策に工夫しながら仕事の合間をみて自己ベスト更新を目指して練習に汗を流してきた。
今井さんは「主催者側の定めた感染症対策に従い、自治体の許可もあり走らせていただけて感謝している。今回の目標だった8時間を切ることもでき、アップダウンも楽しみながら走る事ができた」と話していた。

ひさしぶりのイベントを満喫  珍しい旧車がずらり

「南魚沼を元気にしたい!南魚沼の素晴らしさを再認識しよう」と2013年から、活動している与六市実行委員会は3日、南魚沼市民会館駐車場でチャリティーイベント「マイカー無料点検&旧車・ハーレー展示会」を開催。約1200人の市民や家族連れが来場し、久しぶりのイベントを満喫した。
新型コロナウイルスの影響で、多くのイベントなどが延期や中止となり、毎年8月に開催の「与六市」も今年は中止となったが、この日のイベントは、南魚沼市民会館(南魚沼市スポーツ振興公社)に加え、自動車整備振興会との共催で実現したもの。
今回は、感染予防対策を徹底して昨年までのライブや飲食や販売中心のイベントではなく、珍しい旧車などの展示に加え、消防車やパトカー、白バイも登場。与六市ブースでは焼きいも、わたあめの販売を行い、利益の全額は南魚沼市に寄付。また、整備振興会による無料マイカー点検・相談、自動運転支援システム体験なども行われ、ミニカープレゼントやミニ四駆大会ブースなどは子供たちに大人気だった。県自動車整備魚沼地域協議会南魚沼の高橋敬一郎分会長(43)は「コロナ禍でWEB関連が浸透してきた昨今、今回のイベントでは人と人が交流する事の大切さを改めて実感した。早く、人と人が直接、交流できるイベントができれば」と話していた。

先着150人プレゼントの消防車をゲットし、ご満悦の市内坂戸の金井奏太朗くん(2)
会場内には昭和の外車・国産車)が勢揃い
来場者と与六市スタッフがバイク談義に花が咲く

 

与六市実行委員会がチャリティーイベント開催 10月3日

与六市実行委員会(山田良夫代表)では10月3日、南魚沼市市民会館でチャリティーイベント「マイカー無料点検&旧車・ハーレー展示会」を開く。

今回は、会場となる南魚沼市民会館(南魚沼市スポーツ振興公社)に加え、自動車整備振興会との共催となり、新型コロナウイルス感染の予防対策を行い、3密を避けてライブや飲食中心のイベントではなく、旧車の展示や整備振興会による内容(下記参照)で開催する。同実行委員会では「コロナの状況を見据えての企画でしたので正式に皆様にご案内するのが遅くなりましたことお詫び申し上げます」と話している。

問い合わせは、与六市実行委員会☎025−772−2055まで。

元トミオカホワイト美術館長、長谷部昇氏が油彩画展

創進高等学校デザインアートコース主任で南魚沼市の元トミオカホワイト美術館の館長、長谷部昇さんの「長谷部昇展」が7月23日から8月10日まで、見附市昭和町の「ギャラリーみつけ」で開催。

「みなそこへ」2011 カンヴァス 油彩

●会期:7月23日㈭〜8月10㈪
●時間:午前10時〜午後10時(入館受付は9時30分まで、最終日午後3時まで)
●会場:ギャラリーみつけ展示室1・2
●休館日:毎週㈪(祝日の場合は翌日)
★問い合わせ:ギャラリーみつけ(見附市昭和町2-4-1 ☎0258-84-7755)

癒やしのカフェ「大正や」 熊木ひろ子さん

いつも笑顔で迎えてくれる熊木さん=地域の作家の作品が並ぶ「大正や」

地域住民や観光客に安らぎの空間を提供している塩沢駅前のつむぎ通りにある「大正や」。
オーナーの熊木ひろ子さん(65)=写真=は、高齢となった母親と同居しようと約40年間勤務した保育士を定年退職後、実家を改装して4年前、昔からの屋号「大正や」をそのまま店名にしてオープンした。
お茶好きが高じて焼き物を学ぶため約10年間も東京へ通ったほどで店内には、趣味で集めた自慢の茶碗から骨董などのコレクションをはじめ地域の作家約25人の陶芸作品や着物地を使用した服や小物雑貨などが所狭しと並ぶ。
カフェスペースでは鶴齢の仕込み水を使用し、注文が入ってから豆を挽き淹れてくれるコーヒーをはじめ、熊木さん一押しのメニューは、抹茶ラテ460円、ケーキセット(コーヒーor紅茶+シフォンケーキ)が610円。
なお、雪国の歴史と文化を活かすまちづくりで都市景観大賞ほか多くの賞を受賞した「牧之通り」に続けと今、つむぎ通りの住民らが中心となり「つむぎ通り」も、新たなまちづくり計画が進められており、熊木さんも「牧之通り同様、雪国文化と歴史を伝えられるような町並みとなり、訪れる市民や観光客らでもっとにぎわい、喜んでもらえるような『『通り』になってほしい」と笑顔で話す。
営業時間は午前10時〜午後5時、火曜・水曜定休。電話025-782-0706。

店の前のベンチでは地域住民らが休憩したり談笑を楽しむ

コロナの影響で苦しむ地元企業を支援 塩沢信用組合

寄付や頑張る事業者を表彰

塩沢信用組合(小野澤一成理事長)は南魚沼市小栗山のほてる木の芽坂で3日、新型コロナウイルスの影響で自他とも打撃を受けるなか、その対策や貢献活動を行った「地元で頑張る事業者」の表彰式を行った。
表彰式の前、同信組の11年連続好決算を記念して津南町への寄付贈呈式も行われ、津南町の根津和博副町長に寄付金100万円が贈られた。
「地元で頑張る事業者の表彰式」では、施設や小学生、園児らに寿司弁当を無償配布した南魚沼市の㈱SEPINTERNATIONALの山本賢社長、消毒用エタノールの代替「魚沼アルコール60」を販売する魚沼市の玉川酒造の風間勇人専務など6社に表彰状と賞金5万円が贈られた。

左から、「玉川酒造」風間勇人専務、「㈱ごはん」大島知美社長、日本料理 吉原屋」吉原義浩代表、「塩沢信用組合」小野澤一成理事長、「割烹 保よし」高野正昭社長、「㈱アイシーエム」田村新栄社長、「㈱S・E・P INTERNATIONAL」山本賢社長
=3日午前、ほてる木の芽坂、地元で頑張る事業者表彰式
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宿泊業者らと市長に支援要請
林市長に宿泊者の支援要請書を手渡す小野澤理事長=3日午後、南魚沼市役所

塩沢信用組合の小野澤一成理事長、南魚沼市観光協会の南雲武士会長ほか宿泊業者5人が林市長に修学旅行の誘致協力や支援を要請のため同日午後、南魚沼市役所を訪れ、林市長に要請書を手渡した。
市内の宿泊施設に修学旅行や合宿などを誘致と安心安全を示す市の認定書を発行し、南魚沼市に安心して来られるように、市長から感染対策や安心と安全の南魚沼市を発信した。それに対し、林市長は「観光協会による感染症対策の認定マークのプレートとステッカーの表示、市民向けに南魚沼市わがまち応援『プレミアム付飲食・宿泊券』の販売、市独自の経営支援など、市をあげて要望に応えていく」と述べた。

林市長に修学旅行の誘致をなどの支援要請を行った地元宿泊業者